中津川市の本格派アーユルヴェーダサロン / Leela【リーラ】

中津川市の、女性専用本格派アーユルヴェーダサロン、リーラです。極上のリラクゼーションをご提供いたします。
Browsing category: アーユルヴェーダの勉強, キッチンファーマシー, スキンケア, デトックス, ローズウォーター, 生活, 薬草ハーブ
0 comments

ネトラタルパナ・眼の治療法

先日、大阪アーユルヴェーダ研究所にて、ネトラタルパナというアーユルヴェーダにおける眼の治療法の実習をしてきました。まず、強力粉、薄力粉、ウラドという粉を混ぜたものを練って、パン生地のもう少し固めのもので土台を作ります。
そして、予め用意しておいたギー(無塩バターからたんぱく質と水分を抜いたもの)を温めます。

IMG_2844

IMG_2845

パン生地の土台を、眼の周りに、水で貼り付けます。そして、その中に少しずつギーを流し込んで行きます。

IMG_2851

IMG_2855 (1)

流し込んだら、ゆっくり眼を開き、開閉、右左、時計回り、時計の反対回り、というふうにゆっくり眼球を動かします。

最後に、トリパラーの浸出液で瞼を拭き、ローズウォーターを浸したコットンを瞼に置いて、目を休ませます。。

効果・効能は。。
眼の老廃物を洗い流す、眼精疲労の軽減、ドライアイの改善、老化による眼の病気の予防、眼に栄養を与える、頭痛の軽減。。。

そしてちょうどその日は、研究所の先生(ドクター)が、自律神経のバランスを測る機械を導入した日で、施術の前と後のデータを出したところ、なんと!施術後、自律神経が整い、バランスのとれた健康状態になっていました。ますますアーユルヴェーダ恐るべしです。合掌

0 comments

フェイシャル用オイル

ずっと、ゴマ油以外のフェイシャルオイルを探していました。首から上は、冷やすべき部位であり、温める効果のゴマ油は、本来顔にはふさわしくないからです。

求め続けていると出会えるものなのですね。先日インド・リシケシから、ヨガとアーユルヴェーダのワークショップのため来日している、ソムアディさん御一行に高山でお会いした際、求めていたオイルと出会うことが出来ました。ベースは、オリーブオイルとサンフラワーオイルです。

ピッタ用のローズ、ヴァータ用のラベンダー、そして全ての体質に対応するサンダルウッドの三種類です。ローズの蜜蝋クリームも入荷しました。

ローズウォーターは、点眼しても滲みません。ローズはカシミール産の上質のローズです。

 

IMG_2495

0 comments

インド便

先日大阪アーユルヴェーダ研究所で知り合った、アーユルヴェーダの勉強中で 大手電気メーカーインド駐在員の青年M君。 心優しく、純粋な目をした彼は、「なにかインドでいるものがあれば買って来ますよ」 と快く。それで頼んだのが、こちらインド産ローズウォーターとオーガニック・チャワナプラッシュ。 ローズウォーターは点眼用にと思いましたが、とても目に滲みます。 香りは、ブルガリア産とは少し違いインド産独特の良い香りです。 スキンケア用にサロンショップコーナーに置こうと思います。 限定3個です。 また、チャワナプラッシュは、、アムラ他何種類ものハーブをジャムにしたもので、↓

免疫力向上、栄養補給、脳細胞の活性化、老化防止、血液浄化に役立ち、肝機能の向上、消化、吸収を助けます。 皮膚の改善を助け、心臓にも良く、子供の咳、喘息にもお使いいただけます。 また、頭髪の増加、成長を助け、カルシウムの吸収による、強い骨、歯を作ります。

というものです。

これを、朝晩大さじ一杯ずつなめると、身体が元気になる感じがありありします。

 

IMG_2319

 

IMG_2320

0 comments

ローズウォーターの奇跡

アーユルヴェーダでは、目にローズウォーターを点眼します。
ローズウォーターは冷やす効果があるので、上がってしまった目のピッタを冷却するのだと思います。
目はピッタの部位で、冷やす場所です。

今朝は、ずっと目がくっきりせず、ぼやけていたので、ローズウォータを点眼しました。
するとどうでしょう。。スーーッと爽やかに、くっきりするではありませんか!

パソコンや、スマホは目への負担がかなり大きいのだと実感しています。

夜眠る前に、コットンにローズウォータを染ませ瞼の上に乗せて眠るのもお勧めです。。

只今、インドの点眼用ローズウォーター入手準備中です。

入荷し次第、ショップコーナーに並べます。
もうしばし、お待ち下さいませ。m(_ _)m