中津川市の本格派アーユルヴェーダサロン / Leela【リーラ】

中津川市の、女性専用本格派アーユルヴェーダサロン、リーラです。極上のリラクゼーションをご提供いたします。
Browsing category: スキンケア, ハーブオイル, マッサージ, ローズウォーター
0 comments

フェイシャル用オイル

ずっと、ゴマ油以外のフェイシャルオイルを探していました。首から上は、冷やすべき部位であり、温める効果のゴマ油は、本来顔にはふさわしくないからです。

求め続けていると出会えるものなのですね。先日インド・リシケシから、ヨガとアーユルヴェーダのワークショップのため来日している、ソムアディさん御一行に高山でお会いした際、求めていたオイルと出会うことが出来ました。ベースは、オリーブオイルとサンフラワーオイルです。

ピッタ用のローズ、ヴァータ用のラベンダー、そして全ての体質に対応するサンダルウッドの三種類です。ローズの蜜蝋クリームも入荷しました。

ローズウォーターは、点眼しても滲みません。ローズはカシミール産の上質のローズです。

 

IMG_2495

0 comments

出張マッサージ

今日は、近くのカフェでランチしてから、出張マッサージ🚙

出張日和です☀️✨

0 comments

ご高齢の方に向いている✨

急に、冬型の寒い天気になりましたね。。❄️❄️

この地方は、時折雪がちらついて、北から来る車は、雪を付けています。
今日は、頼まれて友達の高齢でほぼ寝たきりのお母様のマッサージに行って来ました。
これで三回目です。
最初(初めて行った時)、手が硬直し、冷たくなっていましたが、回を重ね動かせるようになって来ました。足も少し浮腫んでいましたが、浮腫がひいて来たようです。。

今日は、寒かったので、背中は簡単にしましたが、優しく優しく撫でるオイルマッサージに、
「あー、気持ちいい」と。。
アーユルヴェーダのオイルマッサージは、ご高齢の方にも向いていると思います。

乾いたご高齢者のヴァータの質に、オイルがスッと浸透し、効果をより発揮するような気がします。
こうして、喜んで頂けるマッサージを施せる事に感謝です。🙏
0 comments

ガルシャナその後

手袋をどうやって洗おうかな。。などと漠然と思いながら、ガルシャナを続けること、5日程。。あ、そうだ、手作りのマルセイユ石鹸で洗おう!と、ひらめいた時には、すでに絹の手袋が重くなっていました。。

そうなんです、、
それ程、毒素を吸い取ってくれました。。
なので、続けるうちに、体も軽くなって来ている気がします。。。
ますます恐るべし、アーユルヴェーダ✨
そして、荒療治のようですが、指の患部も、
かなり強めに手袋で、擦ってます。
血が出ますが、お構い無しに擦ります。
だって、あれ程吸い取るのですもの。。。[#IMAGE|S29#]
0 comments

ガルシャナ

実は、私は春ごろから、指の主に甲の方数本に湿疹が出来ていたのですが、大したことが無かったので
気にせず、色々な方たちにアヴィヤンガ、全身マッサージを行ううち、
9月の初め頃から、左手中指薬指、右手中指人差し指の第二関節より上に
湿疹ができ、そこがかさつき、そして割れてきて、血が出る、、という
皮膚科の先生いわく、病名「進行性指掌角皮症」というのに、なってしまいまして。。。[#IMAGE|S8#]

楽しくて大好きなオイルマッサージが、思うように出来ず、それでもやって欲しいという
依頼があれば、ゴム手袋をして施術をしてきました。。

そんなことで、このブログは、アーユルヴェーダな生活をいろんな方にシェアしたい
と、始めたわけですが、実際のところは、私個人の皮膚病の治療日記になってしまっています。。汗[#IMAGE|S8#]

付き合って読んでくださっている方、ありがとうございます。m(_ _)m[#IMAGE|S12#]

さて、9月の初めに悪化してから、いろいろな人に色々なことを言われながら、
一番動揺したのは、看護婦さんの知り合いから、けっこう強めに「ステロイドをサッと使って
サッと治さなきゃだめよ!こんなことしとくとなかなか治らなくて仕事もできないよ!」という言葉でした、、
単純な私は、それもそうかも・・・と、思い、一週間ほど強めのステロイドを使用してしまいました。。
これには、今でも後悔しています。使用した指は、やめて数日は良かったものの、しばらくすると以前より
もっとひどくなって毒を噴出している感じなのです。。[#IMAGE|S2#]

そんなこんなで、その後・・
9月の末に訪れた東京のハタイクリニックで、初めて、目からうろこの衝撃診断をしていただきました。
それは、震災後の思考過多によるヴァータの乱れ→代謝異常、代謝低下→アーマの蓄積→循環の乱れ閉鎖
また、代謝の乱れ→ヴァータ、ピッタ、カパの乱れが体液、血液、肉、皮膚を乱す→皮膚代謝の異常
という診断で、心当たりが大有りで、本当に納得したのでした。。
そして、そのころ、ステロイドの影響で比較的良くなっていた指を見てDr.が一言
「これ、またふき出しますよ」と。。

その後すぐにDr.のおっしゃったとおり、ふき出しで悪化の一途をたどった後、今は薬草類やらの影響で
一進一退という感じです。[#IMAGE|S9#]

写真は先日のクリニック診察の際に、購入してきた、ガルシャナ用絹の手袋です。
ガルシャナとは、この絹の手袋をはめ、結構強めに乾布摩擦をすることで、
カパの重い・湿った・冷たい質を、軽く、乾かし・温めるマッサージで、
要するに、カパのアーマを軽減するようです。。。

はやく、皆さんに「素手で」アヴィヤンガを施したいので、今は、自分の体と向き合い、
毒出しに専念しています。。。